幼児教育(知育)の玩具・本・幼児英語など、幼児教育の関連情報をまとめて紹介!
お気に入りに追加
このページの情報は
2006年9月3日17時17分
時点のものです。

木村 順

育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの

育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの

人気ランキング : 6644位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : 大月書店
発売日 : 2006-03

商品名 育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの
価格 ¥ 1,575
発送可能時期 通常24時間以内に発送
なんだか救われました

自分の教育が悪いのだろうか、
周りの人の冷たい視線、しつけが悪いのだろうか。
そう思ってたところにこの本、
育てにくい子にはわけがある!と言われただけでも
なんだか救われました。

まわりに小さい子どものいる方にはぜひよんでみてほしいです

いわゆる「障害」がなくても、育てにくい子どもが増えているといわれています。
それらの原因のひとつを、子どもの脳の発達、感覚の発達からとらえて、その対応を紹介した本です。

まだまだ子どもの成長やつまづきを、親のしつけとか、先生の対応とか、そういう次元だけでかたづける風潮があるんですよね。
けど、その中には、原因みつけて対応すれば、ちゃんと前にすすめるものもあるはず。
ただの風邪が、少しずつ「インフルエンザ」とか「鼻炎」とかにわけられ、対策が練られるようになってきたように。

この本では、触れたり、重さを比較したりという子どもの感覚の発達がうまくいかないと、つまづいたり、ものを取り落としたり、人に触れられることに嫌悪感を感じたりすることがある、と分析しています。
そして、その感覚を成長させるような、訓練(?)方法も紹介しています。

発達の壁の原因はいろいろあるので、問題ある子のすべてが解決するわけではないのでしょうが読む価値はあり、と思います。

理論的な問題はもとより、著者の方の子どもと親への温かい目を感じる本でした。

アマゾンで探す
ビッダーズで探す
ストアミックスで探す
このページのトップに戻る
『幼児教育のススメ!〜知育・知育玩具・幼児英語〜』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 幼児教育のススメ!〜知育・知育玩具・幼児英語〜 All rights reserved.